オーストラリア・ワーキングホリデーへ行こう!

一括見積り

ホーム > オーストラリア

オーストラリア ワーキングホリデーと一概に言っても、各 留学エージェントごとに留学プログラム・価格・サービスはさまざまです。各社を賢く比較し、親身に相談にのってくれる留学エージェントとの出会いが肝心です。留学エージェントに一括で資料や見積りを取ることで、あなたに合ったオーストラリア ワーキングホリデーのプログラムがきっと見つかります!

ワーキングホリデーに行くには・・・

≪オーストラリア ワーキングホリデー必須条件≫
ビザインターネットを利用して申請する。生活資金としてA$5000程度は、用意しておくこと。
滞在期間最長1年間
対象年齢18~30歳
その他条件扶養義務のある子供がいないこと。同じ場所で3ヶ月以上の勤務は不可。
条件をクリアしたら気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

もっと詳しく知りたい方へ

ビザ申請
オーストラリアワーキングホリデー ビザの申請には、扶養する子どものいない18歳から30歳までの人で、次の目的地までの渡航費用、十分な滞在資金を有し、国内での雇用の見通しがある等、一定の条件を満たす必要があります。詳細はこちら
仕事内容
都市部では日本人向けの仕事は見つかりやすいでしょう。またファームでの農作業・果実収穫・家畜の世話などを住み込みで行うオーペアもあり、バラエティに富んだ職業体験ができます。その他留学会社が提供する様々なインターンシッププログラムを利用しても便利です。詳細はこちら
滞在都市
キャンベラ、シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズ、パース‥などの有名な都市部、また都市部から車で30分~1時間ほど離れるだけで農業地域でのファームステイができます。詳細はこちら
滞在費用
オーストラリアでは、生活費や語学学校の費用がイギリスやアメリカ等と比べて相当安価なことから、経費を抑えて高い価値を得ることができます。アルバイトも豊富な国です。詳細はこちら
退職年金払い戻し
オーストラリアには、退職年金制度(Superannuation)があるのをご存知でしょうか。帰国後払い戻しが可能なことを知らない人があまりにも多く、なんと全体の96%もの人が、払い戻しをしないでそのままになっているそうです。詳細はこちら

やっぱりオーストラリア ワーキングホリデーに行きたい

オーストラリア ワーホリを満喫したい
ワーキングホリデー ビザは通常1回しか申請できない制度となっていますが、オーストラリアでは、一定の条件を満たせば2度目のワーキングホリデー ビザを申請できます。このメリットを生かせるように、留学エージェントに相談しながら1度目のワーキングホリデーの計画を立てましょう。
旅先での出会いを大切にしたい
オーストラリアには、グレートバリアリーフ・エアーズロック・ピンナクルス‥見所が全国に散らばっています。そこでは世界各国からのバックパッカー達との出会いも!オーストラリアでは旅行者との交流も大きな魅力のひとつと言えます。
たんなるワーキングホリデーで終わらせたくない
オーストラリアといえば幼児教育や日本語教育の先進国でもあります。ワーキングホリデーの際は、各種の語学学校と組み合わせて、幼稚園の短期ボランティアや日本語講師養成講座を体験するのもおススメ。インターンシップやボランティアプログラムを利用するというのも手でしょう。
まずは気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.