オーストラリア・ワーキングホリデー ビザ申請

オーストラリア ワーキングホリデーと一概に言っても、各 留学エージェントごとに留学プログラム・価格・サービスはさまざまです。各社を賢く比較し、親身に相談にのってくれる留学エージェントとの出会いが肝心です。留学エージェントに一括で資料や見積りを取ることで、あなたに合ったオーストラリア ワーキングホリデーのプログラムがきっと見つかります!

オーストラリア  ワーキングホリデーのビザ申請条件

オーストラリア ワーキングホリデー ビザ申請には以下の条件をすべて満たしていなければなりません。

  • 協定締結国(英国、カナダ、オランダ、アイルランド、日本、韓国、マルタ、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、 ノルウェー、フィンランド、香港特別行政区、キプロス、フランス、イタリア、エストニア、ベルギー、台湾)の国民で、扶養する子どものいない18歳から30歳までの方。
  • オーストラリア出国後の次の目的地までの渡航費用、ならびにワーキングホリデー期間中の滞在費として十分な資金を有すること。
  • オーストラリアでの雇用可能性に見通しがあること。
  • オーストラリア国内で3ヵ月を越える就学をしないこと。
  • 過去にワーキングホリデー ビザの取得者としてオーストラリアに入国したことがないこと。(※例外あり)
  • 健康上および人物審査の基準を満たしていること。

オーストラリアワーキングホリデーのビザ申請方法

ワーキングホリデー ビザはオーストラリア国内では発給できません。申請はインターネットより行いますが、国籍のある国より申請する必要があります。申請処理は通常48時間以内に完了します。ビザが認可された際には、指定したメールアドレスまたは郵便のあて先にビザ発給許可通知が届きます。申請が棄却された場合には、その理由も書かれた通知が届きます。ワーキングホリデー ビザが発給されましたら、発給日から12ヵ月のうちにオーストラリアに入国すれば良く、最初に入国した日から12ヵ月間、オーストラリアに滞在することが出来ます。

オーストラリアワーキングホリデー2度目のビザ申請

オーストラリア ワーキングホリデーの最大のメリットである2度目のワーキングホリデー ビザ申請を行うためには以下の条件を満たしている必要があります。

  • 最初のワーキングホリデー ビザでオーストラリアに入国していること
  • 申請時に18 歳から30 歳であること
  • 子供がいないこと
  • ワーキングホリデー ビザ制度協定国のパスポートを保持していること
  • 3 ヵ月以上地域農業において季節労働(※)に従事した証明を提出
※オーストラリア地方地域における季節労働とは
季節労働とは、農作物・果実の収穫、ぶどう・樹木の剪定、収穫に関する一般作業のことで、収穫物の加工および輸送作業も含まれます。(畜産業、真珠採取、エビの採取、または酪農業は季節労働に含まれません。)季節労働は必ずしも有給である必要はなく、ボランティアやファームステイなども3 ヵ月以上の季節労働に含まれます。オーストラリア地方地域に該当するのは、シドニー、ニューキャッスル、ウーロンゴン、ニューサウスウェールズ・セントラルコースト、ブリスベン、ゴールドコースト、パース、メルボルン、ACT(オーストラリアン・キャピタルテリトリー)以外の地域のことです。
まずは気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.