カナダ・ワーキングホリデーへ行こう!

一括見積り

ホーム > カナダ

カナダ ワーキングホリデーと一概に言っても、各 留学エージェントごとに留学プログラム・価格・サービスはさまざまです。各社を賢く比較し、親身に相談にのってくれる留学エージェントとの出会いが肝心です。留学エージェントに一括で資料や見積りを取ることで、あなたに合ったカナダ ワーキングホリデーのプログラムがきっと見つかります!

ワーキングホリデーに行くには・・・

≪カナダ ワーキングホリデー必須条件≫
ビザ申請時に生活資金として最低50万円程度は用意しておくこと。
滞在期間最長1年間
対象年齢18~30歳
その他条件人気があり、定員をオーバーすると、その年の受付は終わりとなる。
条件をクリアしたら気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

もっと詳しく知りたい方へ

ビザ申請
カナダワーキングホリデーの申請には、18才以上30才以下で、次の目的地までの渡航費用、十分な滞在資金を有し、カナダで休暇を過ごすことを本来の目的とする、等の一定の条件を満たす必要があります。詳細はこちら
滞在都市
首都オタワ、トロント、バンクーバー、モントリオールなどの都市部、ウィスラー、カルガリーなどのスポーツリゾート、赤毛のアンの舞台プリンスエドワード島など、数多くの魅力的な地域があります。地域により英語寄り、フランス語寄り‥の傾向があります。詳細はこちら
仕事内容
カナダワーキングホリデーで仕事を探すならば、都市部や観光地における日本人観光客向けのサービス業の仕事や、地方でのファームステイ、冬季のスキーリゾートでの仕事など地域や季節により様々な職業体験インターンシップなどができます。詳細はこちら
滞在費用
生活費は月々1000カナダドル程で済みますが、アルバイトが見つかりにくい場合もあり、ある程度余裕を持った資金計画を立てておくべきでしょう。詳細はこちら

やっぱりカナダ ワーキングホリデーに行きたい

カナダでトリリンガルを目指そう
カナダ ワーキングホリデーのメリットは、何よりも英語とフランス語が公用語となっていることです。ケベック州などフランス語のみを公用語としている地域もあるほどで、フランス語が当たり前のように溢れています。欲張って英語とフランス語ダブルで習得しトリリンガルを目指すことも出来るのです。
ワーホリでみっちり語学研修
カナダでは公用語が2ヶ国語使われているためか、ワーキングホリデー ビザでの就学期間が6ヶ月まで認められています。フルに活用して語学研修をみっちり受けられれば2ヶ国語取得も夢ではないはず!ホームステイやインターンシップなどを利用して英語とフランス語漬けの生活をしてみましょう。
カナダなら親子でワーホリも
カナダ ワーキングホリデーでは、他の多くの国々のワーキングホリデー制度と異なり配偶者や子どもの同伴が可能なので、短期であれば親子留学・ 家族留学も検討できます。ただし別にビザを申請しない限りビジター扱いとなりますので、滞在期間6ヶ月を過ぎる場合は延長申請が必要です。
まずは気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.