フランス・ワーキングホリデー 仕事内容

ホーム > フランス > 仕事内容

フランス ワーキングホリデーと一概に言っても、各 留学エージェントごとに留学プログラム・価格・サービスはさまざまです。各社を賢く比較し、親身に相談にのってくれる留学エージェントとの出会いが肝心です。留学エージェントに一括で資料や見積りを取ることで、あなたに合ったフランス ワーキングホリデーのプログラムがきっと見つかります!

フランス ワーキングホリデーの仕事について

仕事の探し方
フランス ワーキングホリデーで都市部の仕事を探す場合、日本食レストランのウェイターやウェイトレス、日系企業の事務職、免税店・お土産店の販売員などが見つけやすいといわれています。リゾート地ではツアーガイドも検討できます。オーペアといって、ホームステイ先の家事や育児を手伝うという過ごし方もあります。
地方の仕事
フランス ワーキングホリデーの地方での仕事といえば、ファームステイでの農作業手伝い、果樹収穫手伝いなどを行うのが一般的です。その場合部屋と食事が提供されるが無給という形もあります。ただし語学力が伴わないと辛い体験になってしまいます。事前に語学研修等クリアしてから挑戦した方が安心です。
インターンシップ プログラム
留学エージェントが提供する語学研修とインターンシップのセットプログラムを利用するのも有効です。料理やパン職人、フローリストやエステティック、ホテル業など、本場ならではの職種を体験しながらのインターンシップ プログラムが留学エージェントによって用意されています。
まずは気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.