ドイツ・ワーキングホリデーへ行こう!

一括見積り

ホーム > ドイツ

ドイツ ワーキングホリデーと一概に言っても、各 留学エージェントごとに留学プログラム・価格・サービスはさまざまです。各社を賢く比較し、親身に相談にのってくれる留学エージェントとの出会いが肝心です。留学エージェントに一括で資料や見積りを取ることで、あなたに合ったドイツ ワーキングホリデーのプログラムがきっと見つかります!

ワーキングホリデーに行くには・・・

≪ドイツ ワーキングホリデー必須条件≫
ビザ往復航空券、2000ユーロ以上の資金証明、健康保険加入証明書などの書類が必要。
滞在期間最長1年間
対象年齢18~30歳
その他条件子供の同伴は不可。滞在期間中の雇用期間は合計90日。
条件をクリアしたら気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

もっと詳しく知りたい方へ

ビザ申請
ドイツワーキングホリデー ビザの申請には、18歳以上30歳以下であること、同伴する子供がいないこと、などの条件を満たした上で、資金証明、健康保険加入証明書などの提出も必要です。詳細はこちら
仕事内容
ドイツには日本からの進出企業が多いため、それらの日本企業の求人が期待できます。日本語新聞やインターネットの日本人向け情報を利用しましょう。また、都市部や観光地ならば、観光客向けの土産店や飲食店などの仕事が見つかるでしょう。詳細はこちら
滞在都市
ドイツ首都ベルリンをはじめ、ハンブルク・ミュンヘン・フランクフルト‥など、各地に個性的な都市がありますが、全土を通して自然環境保護やリサイクル活動などが浸透しています。地域の特色を生かした物作りなどにも触れる機会を作るといいですね。詳細はこちら
滞在費用
ワーキングホリデーでドイツに滞在する場合、生活の仕方によって費用にかなり差が出る傾向にあります。例えば、食料品は特に安いが外食は特に高い‥など。語学学校の費用もかなりバラツキがあります。自分なりの生活スタイルで試算する必要がありますが、つつましく自炊生活した場合、家賃や食費・交通費などの最低限で8~9万円程度になりそうです。詳細はこちら

やっぱりドイツ ワーキングホリデーに行きたい

ワーホリでドイツ語のスキルアップ
ドイツ ワーキングホリデーでドイツ語を身につけよう!ドイツ語は日本人には馴染みの薄い言語ですが、EUでは一番話されている言語です。また世界的な産業先進国ですから、ビジネス面でもドイツ語力は役立ちます。1年間を有効に生かしてドイツ語をスキルアップしましょう。
ワーホリでドイツ文化を学びたい
ドイツ ワーキングホリデーで、世界に誇るドイツの環境保護意識に触れよう!ドイツは自然環境保護の意識が高く、リサイクル活動が国民生活に浸透しています。物作りを大切にする風土で確立されたマイスター制度も、是非ワーホリ期間中に体験プランを取り入れてみましょう。
ワーホリで就業体験
ドイツ ワーキングホリデーでは90日までの就業が認められています。語学力によっては有給の仕事は見つけにくいかもしれませんが、無給のインターンシップやマイスターへの弟子入りホームステイなど、ドイツならではの就業体験プランが色々考えられます。
まずは気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.