韓国ワーキングホリデーへ行こう!

一括見積り

ホーム > 韓国ワーキングホリデー

韓国ワーキングホリデーと一概に言っても、各 留学エージェントごとに留学プログラム・価格・サービスはさまざまです。各社を賢く比較し、親身に相談にのってくれる留学エージェントとの出会いが肝心です。留学エージェントに一括で資料や見積りを取ることで、あなたに合った韓国ワーキングホリデーのプログラムがきっと見つかります!

ワーキングホリデーに行くには・・・

≪韓国ワーキングホリデー必須条件≫
ビザ旅行日程、往復航空券コピー、最終学校の卒業証明(or在学証明)、25万円以上の残高証明などの書類が必要になる。
滞在期間最長1年間
対象年齢18~30歳
その他条件扶養家族の同伴は不可。同一箇所での3ヶ月以上の継続勤務はできない。
条件をクリアしたら気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

もっと詳しく知りたい方へ

ビザ申請
韓国ワーキングホリデー ビザ申請には、18歳以上30歳以下、滞在の主目的は休暇で就労は滞在中の資金を補うための付随的なものであること、 などの一定の条件があります。詳細はこちら
仕事内容
韓国ワーキングホリデーでは、他国に比べ仕事が見つけにくい状況にあります。そのためにも渡航前からある程度の語学力をつけておくよう心がけておいた方がいいでしょう。詳細はこちら
滞在費用
韓国は物価が安いと言われていますが、それでも1年間の滞在費用は日常的な生活費だけでも約120~150万円ほどにはなります。アルバイトも探しにくい傾向ですので、資金計画は余裕を持って立てましょう。詳細はこちら
滞在都市
首都ソウルを始め、釜山、仁川、大邸、慶州‥それぞれに特徴を持った魅力的な都市があります。国土が大きい訳でもないので、ワーキングホリデー期間を利用すれば韓国全土を回るのも可能でしょう。詳細はこちら

やっぱり韓国ワーキングホリデーに行きたい

アジア唯一のワーキングホリデー
韓国は、アジア唯一のワーキングホリデー協定国。何より日本語が通じる人が多いので心強いです。また日本以上に英語が通じるので、韓国語に自信がなくても日韓英の3ヶ国語を駆使してのコミュニケーションに期待が持てます。
ワーホリで趣味体験
韓国ワーキングホリデーでは、韓国料理や韓国エステのお稽古体験が人気です。食事や美容に強いこだわりを持つ韓国ならではの貴重な体験ができるでしょう。最近日本でも人気が高まり街中に店舗も増えていますから、帰国後の就職活動にも生かせそうですね。
ワーホリでみっちり語学勉強
韓国ワーキングホリデー ビザでは3ヶ月までの語学研修が認められています。韓国では私立語学学校も多数ありますが、大学付属の語学学校も多く、4学期制が一般的なのでフレキシブルな対応が可能です。それらをうまく利用して韓国語を身につけましょう。
まずは気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.