韓国ワーキングホリデー ビザ申請

韓国ワーキングホリデーと一概に言っても、各 留学エージェントごとに留学プログラム・価格・サービスはさまざまです。各社を賢く比較し、親身に相談にのってくれる留学エージェントとの出会いが肝心です。留学エージェントに一括で資料や見積りを取ることで、あなたに合った韓国ワーキングホリデーのプログラムがきっと見つかります!

韓国ワーキングホリデーのビザ申請条件

韓国ワーキングホリデー ビザの申請には、以下の条件をすべて満たさなければなりません。
  • 日本の国籍を有しており、18歳以上30歳以下の扶養家族がいない方。
  • 韓国滞在の主目的は休暇で、就労は滞在中の資金を補うための付随的なものであること。
  • 滞在予定期間の生活を維持するための相当な資金を所持していること。
    ※但し、受付領事館により年令や書類が異なる場合があり、地域管轄の大使館や領事館に確認が不可欠です。

韓国ワーキングホリデーのビザ申請

韓国ワーキングホリデー ビザは、管轄地域の大使館・領事館にて受け付けます。書類に不備がなければ、申請の翌日には発給されます。発給日から1年間有効で、滞在が許可されている期間内であれば何度でも入国できます。韓国は日本から空路で2時間ほどの距離にあり、行き来がしやすいのも大きなメリットですね。

韓国ワーキングホリデーのビザ概要

韓国ワーキングホリデー ビザ発給数には制限がありますが、これまで定員に達したことはなく、条件をクリアすればほぼ確実にワーキングホリデー ビザが発行されています。現在の定員は年間1800名です。またワーキングホリデー ビザで、語学学校等への通学や就業は最長3ヶ月までと決められています。

まずは気になる費用について調べてみよう。ワーキングホリデーナビでは、カンタン入力で最大6社から関連情報を教えてもらうことができます。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.