ワーキングホリデーとは

ホーム > ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデー(通称ワーホリ)は、最長1年間の海外生活の中で休暇を楽しみながら、滞在資金を現地で補うための一定の就労が認められている制度です。

二国間の取り決めに基づいており、若者たちが相手国の文化を学び、交流する目的で発足した制度のため、18歳から30歳(国によっては25歳)の青年たちが対象となっています。

ワーキングホリデー・ ビザを取得して、海外へ渡航する人たちは「ワーキングホリデー・メーカー」と呼ばれています。

日本と協定が結ばれている国は、1980年のオーストラリアから始まり、現在はニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、香港、台湾の11ヵ国です。

各国によって、ビザの申請なども異なってきますので、まずは留学会社さんに相談してみることがお勧めです。
年齢制限もありますので、行ってみたい!と思ったときに、ぜひチャレンジしてみましょう!

早速、気になるワーキングホリデーの費用についてチェックしよう。ワーキングホリデーナビなら、一度の入力で、最大6社から見積もりが届きます!
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.