ワーキングホリデーの準備

ホーム > ワーキングホリデーの準備

ワーキングホリデーの準備

1年前~

  • 情報収集: まずはワーキングホリデー全般や渡航先の情報を集めましょう。渡航先を決めたら、ビザの情報は必ずチェックしてください。国によって条件や時期、手続き方法などが大きく異なります。
  • 資金の貯蓄: 取り急ぎ、現地で必要なお金を準備しましょう。
  • 語学学習: 現地で使われている言語をあらかじめ学習しておきましょう。到着直後から、レストランで注文したり、人と交流したり、仕事先を探したりと、すぐに外国語を使って生活することになります。できるだけ早い時期に学習をスタートしましょう。

6ヶ月から3ヶ月前

  • パスポートの申請: パスポートを持ってない人は、この時期に申請しましょう。
  • ワーキングホリデービザの申請: 行き先の国によって受付時期や条件が違うので、注意が必要です。

3ヶ月前~1ヶ月前

  • 計画を立てる: 滞在中に何がしたいか、どこに行きたいか具体的な計画を立てましょう。
  • 健康診断を受ける: 国によって事前の健康診断が必要なことがあります。
  • 保険の加入: 歯科治療など一部の治療は除外されてしまうことがあります。
  • 歯の治療: 歯の治療が必要な人は渡航前に済ませてしまいましょう。
  • 航空券の手配: 目的地までの航空券を用意しましょう。
  • 学校や滞在先の検討: 学校によっては申し込み時期が、あらかじめ決まっていることもあります。必要に応じて手配もしましょう。
  • クレジットカードの用意: クレジットカードを持っていない人は、1枚は作っておくと便利です。

1ヶ月前~直前

  • 役所での手続き: 住民票や国際免許証など、必要に応じて手続きをしましょう。
  • 資金の準備: トラベラーズチェックや現金を両替しておきましょう。
  • 荷物の準備: 当面の生活に必要な荷物をまとめましょう。生活用品は現地で購入すればいいでしょう。

このようにかなりたくさんの準備が必要です。ただしビザの申請や滞在先の手配などの一連の事務手続きは、留学エージェントに代理を依頼できます。自分の希望に合った留学エージェントを見つけるには、まずは複数の留学エージェントへまとめて問い合わせるのが近道です。

ワーキングホリデーに挑戦してみよう!と思ったら、まずは資料請求。ワーキングホリデー成功の一歩は、準備から!ワーキングホリデーナビなら、一度の入力で最大6社の資料がまとめてGETできますよ。
今すぐ一括見積り

当サイト掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複製・転載・放送等を禁じます。Copyright (C) IBI Inc. All Rights Reserved.